FC2ブログ

建築写真の基本中の基本

こんにちは、タブちゃんです。皆さんが普段なにげに見ている募集広告内の外観写真や室内写真はすべて「垂直、水平」を補正して掲載してます。例えば外観を撮影する場合あまり引きを取れないとき不通はこんな風に写ってますよね。特に広角レンズでこの状況は顕著にあらわれます。
外観補正前2
これを人間が見ているときと同じ(無意識)状態に垂直を補正しますとこんな感じになります。
外観補正後
当然両左右はトリミングしてます。同じ様に室内も狭かったり、多少広くてもレンズの癖できちんと垂直が取れない状況は日常茶飯事でたとえばこんなk状況です。
IMG_5189補正前
右側は差ほどでもないですが、中心から左側が傾いていますので、これを補正しますと
IMG_5189補正後2
こんなんでました。このように補正してます。一昔は前は布をかぶってでかいカメラで撮ってましたが、いまは画像処理ソフトで補正が出来る様になっています。暇そうに見えるタブちゃんですがこのような事もしています。昨今文字は読めればいい、写真は写っていればいい。みたいなことを言う人がいますが、非常に残念です。もちろん写真表現としてより高さや巨大さを表現する場合は先細りさせてみせるば場合もありますので、一概には言えませんが、建築写真の基本中の基本です。これを意識してカタログなど見て下さい。ただ綺麗に写っているだけではないのです。光も強くも無く弱くもない、程よい光の当て具合できれいにみせているんです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンケイ・リード スタッフ

サンケイ・リード スタッフ
[札幌の不動産・賃貸]

« 株式会社 サンケイ・リード »
札幌市西区八軒9条東4丁目1番1号
Tel.011-709-7811

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
717位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
208位
アクセスランキングを見る>>
いらっしゃ~い